これ知らないと臭っちゃいます!口臭対策Q&A

ビールが口臭の原因となっているって本当なの?

大人になったことで嗜むことができるのがお酒です。
味自体もオイシイのですが、それ以上に
皆でわいわい盛り上がれるあの雰囲気が最高ですよね!

 

 

大学生の場合、在学中にお酒が飲めるようになるわけですが、
学生の乗りでどんちゃん騒ぎするのもいい経験となります。

 

 

そんなお酒の中でも、やはりビールが一番人気となっています。
ビールは最初は苦いと感じますが、次第とおいしくなる
ものですし、どんな食事にも合いやすいのが特徴となっています。

 

 

人気が高いビールですが、残念ながら口臭の原因
となる飲み物であることもよく知られた事実であります。

 

 

では、ビールが何故口臭に繋がってしまうものなのでしょうか?
今回は、ビールが影響する口臭について紹介してまいります。

 

 

まずは、最も多い口臭の原因としてアセトアルデヒド
という成分が影響しているケースであります。

 

 

アセトアルデヒドは、正しく二日酔いの原因ともなる成分です。
このアセトアルデヒドが血液中に溶け込み
肺に入ると口臭として悪臭を口から放出します。

 

 

アセトアルデヒドは、人により消化するスピードが異なります。
鍛えてどうなるものでもなく、その人の生まれつきな要素が大きいのです。

 

 

ただ、アセトアルデヒドを分解しやすくするサプリメントやドリンクがありますので
これらを使用してなるべく早く分解することが重要です。

 

 

もう一つの口臭の原因として、アルコールを飲むことで
発生する利尿作用に寄るところがあります。

 

 

利尿作用が起こると、当然の事ながら尿が出やすくなります。
これにより、体内の水分が不足してしまい口が乾きやすくなります。

 

 

口が乾くことで、口内の細菌が繁殖しやすい環境となります。
これで、口臭が発生してしまうのです。

 

 

こちらも、体質に起因することろが大きいわけですが、
お酒を飲んだあとに適度な水を飲むのがおすすめです。

 

 

また、目が覚めたら水をすぐに補給して、体内の水分補給に努めましょう。
これにより、口臭予防に役に立つことになります。

 

 

 


トップページ 口臭の原因 口臭を止めるためには 口臭に効くサプリメント